第34回春日部藤まつり 2015 / 春日部藤まつりのお帰りにアロマオイル・マッサージでリラックス!

 ⇒ 第35回の「春日部藤まつり」情報はこちらです。

「第34回春日部藤まつり」が、2015年4月26日(日)に開催されます。
15万人が参加する春日部駅西口正面の大通り(ふじ通り)沿いのお花見イベントです。
春日部駅(西口)を降りてすぐの大通り沿いが会場です。会場「ふじ通り」の地図はこちら
お祭り見学の前後にぜひ当店Laprusにもお立ち寄りください♪(東口にお渡りください)
※ご予約をお待ちしております♪

pareido5d3m9122
fujidana5d3m9503


情報誌るるぶより

通りの両側に満開の藤棚が1kmほど続く「ふじ通り」を会場に、マーチングバンドなどのパレード、流し踊・和太鼓、ヒップホップダンス・よさこいソーランのほか、吹奏楽、マジック、エイサー、阿波踊りなどが繰り広げられる。また、沿道は出店でも賑わい、見て・食べて・買って楽しむことができる春のお祭り。


春日部市役所ホームページより、一昨年の様子

「春日部藤まつり」が春日部駅西口ふじ通り(春日部郵便局交差点~地方庁舎交差点)で行われました。朝から好天に恵まれたこの日は、藤棚のフジも満開となり、市内外から訪れた15万3千人の人々を出迎えました。
春日部藤まつりは、春日部市コミュニティ推進協議会の主催により、地域コミュニティを図ることを目的に、多くの事業所や団体の協力により市民の手作りのイベントとして毎年盛大に開催されています。
午前10時40分から式典が行われ、藤まつりの開会が宣言されると、大勢の見物客が見守る中、春日部中学校吹奏楽部を先頭に地元幼稚園や小・中学校の吹奏楽部などの17団体が参加してパレードが行われました。
パレードが終わると、ふじ通りを6会場に分けて各種団体による音楽演奏、流し踊り、和太鼓、よさこいソーラン、キッズダンスなどが披露されました。そのほかにも、心肺蘇生法などの救命体験や各種シミュレーターを利用した交通安全に関する体験ブースなども設置され、多くの家族連れなどが貴重な体験をしました。
また、歩道には各種団体による模擬店などが立ち並び、午後4時のまつり終了までふじ通りは大いににぎわいました。

第34回春日部藤まつり 2015 のスケジュール

よさこい・ソーランなどのスケジュールです。
藤まつりのプログラムより抜粋
540-fuji1
540-fuji2